2017-01

セミナー

知財セミナー開催のご案内

これまで投資フェーズにおける技術開発型ベンチャー企業の知財監 査を担当する中で、主力製品が特許で守られていないとか、主力製品が他社の特 許を侵害するという散々たる状況を見てきました。 そのような状況を改善したいとの思いから...
商標

「PPAP」商標問題に見る商標に関する注意点

「PPAP」の商標が、第三者であるベストライセンス社が出願し、エイベックスに対して警告書を送ったことで、話題になっています。 ベストライセンス社の代表者の「上田育弘」氏は、有名な名称を出願料を払わずに、かたっぱしから出願するので有名な...
特許

医薬品業界注目の裁判例~知財高裁が新基準 !延長登録された特許権の範囲が実質同一まで拡大~

知的財産高等裁判所の大合議事件(平成28年(ネ)第10046号 特許権侵害差止請求控訴事件) の判決が平成29年1月20日にありました。 判決の要約と判決文が以下のサイトにあります。 この裁判は、ヤクル...
特許

オプジーボ特許を巡る訴訟で小野薬品が米メルクと和解

小野薬品工業は21日、がん治療薬「オプジーボ」に絡む特許を侵害されたとして、国内外で提訴していた米製薬大手メルクと和解したと発表しました。 小野薬品工業などが持つ特許の有効性を確認し、ライセンス契約を結...
特許

続報!米アマゾンの最新特許「自動運転車の車線自動割り当て」の正体!

USPTOのサイトによれば、特許の請求項は、以下のように記載されています。 1. An autonomous vehicle, comprising: a plurality of sensors configured to d...
特許

米アマゾン「自動運転車のための車線割り当て」特許を取得!

米Forbesによれば、2018年1月17日、米アマゾンが、自動運転車の道路走行を支援するシステムに関する特許を取得した。 取得した特許の件名は「Lane assignments for autonomous vehicles(自動運...
特許

「Web」や「アプリ」を中心としたサービスでも特許権は取得可能!

「Web」や「アプリ」を中心としたサービスでも、データベースと処理手順が新しく且つ容易でなければ、特許権を取得できる可能性があります。 このような特許は、いわゆるソフトウェア特許に分類されます。 また、一見、あたり前の処理の流れを記...
特許

特許取得に必要なもの~その2「進歩性」~

特許を取得するには、発明に新規性があるだけでなく進歩性がある必要があります。 進歩性があるということは、簡単にいえば、簡単に発想できないということです。この進歩性は、出願時を基準に判断されます。ですので、今、現在、発想するのが...
特許

特許取得に必要なもの~その1「新規性」~

特許取得に必要なものに、新規性があります。 この新規性は、特許出願時に、発明が新規性を有している必要があります。 ですので、特許出願時において、他社が公にしていたり、文献に記載されていたりする発明は、 新しくないので、新規...
特許

研究開発型ベンチャー・スタートアップにとってなぜ特許が重要なのか?

特許は知性のみにおいて勝る弱者(ベンチャー企業)が、それ以外のすべてで勝る強者(大手企業)と対抗するための強力な武器です! 武器として特許を使いこなせるかどうかが、企業の命運を左右することもあります。 例えば、あるベンチャー企業が革...
タイトルとURLをコピーしました