支援内容

ベンチャー・スタートアップの特許問題に対する

もう一つの解決策は、

これまでのように単なる外注扱いの弁理士から、ビジネスモデルに基づいて競争優位性を担保するために、どのような特許戦略をとるべきかを議論できる弁理士によるサポート

です。

私の一番の強みは、まさに

「ビジネスモデルに基づいて競争優位性を担保するために、どのような特許戦略をとるべきかを提案できる」

にあります!

技術開発型スタートアップ・中小企業を対象に知財支援を展開中

「他社の模倣を排除して技術優位性を守る特許網の構築能力」をベースに、研究開発型ベンチャー・スタートアップ企業の特許網構築支援を行っている。

東京大学大学院在学中、ITベンチャー企業でデータベースと連携したホームページの構築を経験。東京大学の大学院AI系の研究室で博士号を取得。
その後、独立行政法人理化学研究所で、将来的に研究成果を利用した起業を目標に研究・開発を進めるも、有用な研究成果を挙げることができず、挫折を余儀なくされる。

挫折のどん底の中で、発明を保護することによって産業の発展に寄与する特許法の理念に感銘を受け、ベンチャー企業をサポートする特許(知財)の専門家(コンサルタント)を目指して、特許業界に転職。

その後、親類のベンチャー企業の製品が競合会社に模倣され、シェアが奪われるという問題が発生する。そこで、親類のベンチャー企業を代理して、その会社を特許侵害で裁判所に訴え、2年にわたる壮絶な戦いの後に、1億円の損害賠償金の勝訴判決を勝ち取る。

事業内容・事業計画に基づいて特許網構築の戦略を提案することにより、「製品の模倣を排除する提案をしてくれてありがたい」と、ベンチャー・スタートアップから支持を得る。

「革新的な発明を事業化する研究開発型ベンチャー・スタートアップ企業はイノベーションの源泉となる存在。研究開発型スタートアップ・ベンチャー企業の支援がイノベーションに繋がる」との信念で、日々奔走中。

得意技術分野

機械、制御、計測、ロボティックス、

電気、電子デバイス、電子機器、通信、光学、

ソフトウェア、アプリ、データベース、AI、人工知能、IOT、VR、AR、自動運転、ニューラルネットワーク、

化学組成物、薬理学、脳科学、神経科学、生理学

実績

ベンチャー企業10社以上に対して、特許戦略実行を支援

ベンチャー企業を支援して特許侵害訴訟で1億円の損害賠償金を獲得

500件以上の特許出願代理、100件以上の特許取得を支援。

10件以上の特許侵害訴訟代理、5件以上の特許無効審判代理。

ベンチャーへの投資時の知財監査(5件以上)

弁理士酒谷の支援を受けるメリットは?

(1) 何が得られるのか?

仮に革新的な技術を用いた製品をリリースして、当初80%近いシェアが得られることを想定します。仮にその後、特許を取得していない状態で、大手企業が参入した場合には、価格競争に巻き込まれ、最悪、すべてのシェアを大手企業に奪われてしまいます。

適切に特許網を構築するようにすることによって、他社にシェアを奪われる状態から、他社にシェアを奪われない状態にすることができます。

これにより、自社のシェア率を80%守ることができるのです。

(2) どんな支援内容か?

i  他社の模倣を排除できる特許網の構築の提案

貴社の特許は、訴訟で勝てる(つまり他社の模倣を排除できる)特許ですか?

特許は、訴訟で勝てない(つまりは他社の模倣を排除できない)ものを取得しても、費用の無駄になってしまいます。

当職は特許訴訟で勝てる(他社の模倣を排除できる)特許網の構築の提案が可能です。

ii 事業優位性の観点から特許網の構築の提案

投資前段階での知財デューデリジェンス(知財DD)の経験に裏打ちされた、事業優位性の観点から特許網の構築の提案が可能です。

 事業内容及び将来の事業計画から、特許で守るべき技術を特定し、その技術をいかにして守るかについて、特許権利化の戦略を提案致します。その後、特許権利化を支援いたします。また、秘匿化をした方が良い技術については、その技術を特定し、営業秘密の管理方法についてアドバイスいたします。

他社に対する技術優位性を守る特許網を最短3か月で構築できるので、他社の模倣リスクを低減します!

iii 他社特許回避策の提案

 事業内容及び将来の事業計画から、他社の特許権を侵害していないか調査し、調査結果に基づいた事業計画の修正、プロダクト・サービスの変更等を提案いたします。

(3) 実績

特許訴訟を代理して、原告側の場合には他社の特許侵害を立証した経験があります。一方、被告側の場合には、他社の特許権の非侵害を裁判が勝ち取ったこともございます。このような経験から、他社の模倣を排除できる特許網の構築の提案が可能です。

また、事業会社またはベンチャーキャピタル(VC)による投資前段階での知財デューデリジェンス(知財DD)も経験しており、事業優位性の観点から特許網の構築の提案が可能です。

また、既に、電子デバイスの大学発ベンチャー、宇宙開発の大学発ベンチャーに対して、特許網構築支援を行っている実績があります。

(4)既にほかの他の特許事務所または弁理士に依頼されている方へ:

他の特許事務所または弁理士に依頼しており、特許出願した後であっても、途中からお仕事をお引き受けすることができます。

また、セカンドオピニオンとしてご相談されても結構です。

(5)価格は?

価格は、コミットする時間に応じて柔軟にご相談に応じますので、まずはお問い合わせください。

仮に優秀な知財担当部員を招聘する場合、最低でも年収500万円を用意する必要があり、正社員採用の場合には、更に社会保険料がかかりますので、最低でも約600万円ほどの予算が必要になります。また採用にも時間及び費用面のコストがかかります。それに比べて、本支援はこれらのコストよりも廉価なコストで提供できる点でコストパフォーマンスに優れています。

いつでもクビが切れて、やって欲しいことが終わったら契約終了にできますので、ムダなお金がかかりません。プロジェクトワークをしてくれる知財担当者を雇ってみませんか?

お問い合わせはできるだけ早くされることをお勧めいたします!

特許網構築の戦略を提案するという仕事の性格上、一つの技術分野につき、一社しかお仕事をお受けすることができません。例えば既に、ある会社の自動運転の制御に関する仕事をお引き受けしていた場合、他の会社から自動運転の制御に関する仕事をお引き受けすることはできません。

お問い合わせの早い順にお仕事を引き受けますので、あなたの会社の競合他社から先にご依頼があった場合には、あなたの会社の仕事をお引き受けすることができません。

このため、迷われている方は、できるだけ早くお問い合わせくださることをお勧めいたします!

期間限定:初回30分 相談料 無料!

ぜひ、お気軽にお問合せください。

お問い合わせは下記のフォームからお願いします。

タイトルとURLをコピーしました