一部の出願人による商標先取り出願に対する審査運用の変更!

最近、一部の出願人から、他人の著名な商標の先取りとなるような出願に対して、特許庁は、その先取り出願が却下されるまえに、後願の商標出願を審査開始し、先取り出願が却下され次第、後願を登録査定するように運用を変更したことを以下のように、公開しています。

これにより、一般の出願人は、先取り出願されたとしても、審査があまりに遅延することなく、商標登録することができます。

しかし、そうはいっても、通常の審査よりは、登録まで時間がかかると思いますので、

基本は、商品、サービスの名称について発表する前に、出願することをお勧めします!

 

=============================================

 

「最近、一部の出願人から、出願手数料の支払いのない商標登録出願(以下「手続上の瑕疵のある出願」といいます。)が大量に行われています。

このような手続上の瑕疵のある出願については、出願の日から概ね4か月から6か月で出願を却下しています。

特許庁では、従来から、手続上の瑕疵のある出願の後願となる商標登録出願について、当該後願となる商標登録出願に手続上の瑕疵がないことが確認できれば、先願となる手続上の瑕疵のある出願が却下されるのを待つことなく、実体審査を開始する運用を行ってきています。

その実体審査においては、先願となる手続上の瑕疵のある出願が却下されるまでの間に、いったん拒絶理由を通知する場合がありますが、審査官が当該先願となる出願の却下を確認次第、登録査定を行います(他の拒絶理由等がない場合に限る)。

また、今後、上記の拒絶理由を通知する場合においては、拒絶理由となる先願が手続上の瑕疵のある出願に該当し、当該先願となる出願の却下を確認次第、登録査定を行う旨を、拒絶理由通知に明示的に記載するよう、運用を変更します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です