続報!米アマゾンの最新特許「自動運転車の車線自動割り当て」の正体!

USPTOのサイトによれば、特許の請求項は、以下のように記載されています。

1. An autonomous vehicle, comprising:

a plurality of sensors configured to detect environmental information associated with the autonomous vehicle;

a communications interface configured to facilitate communication with a roadway management system;

a controller configured to control operation of the autonomous vehicle, the controller being configured to cause the autonomous vehicle to at least:

detect environmental information associated with the autonomous vehicle, the environmental information comprising a location of the autonomous vehicle, a velocity of the autonomous vehicle, an orientation of the autonomous vehicle, and a status of surroundings of the autonomous vehicle;

generate a request to use a portion of a roadway, the request identifying a destination associated with the autonomous vehicle and including the environmental information;

transmit the request to the roadway management system using the communications interface, the roadway management system monitoring a status of a plurality of autonomous vehicles using the portion of the roadway and assigning usage of the portion of the roadway to the plurality of autonomous vehicles;

obtain a roadway assignment from the roadway management system, the roadway assignment comprising a lane identifier, a lane assignment, and a velocity assignment; and generate a routing instruction for the autonomous vehicle to enter the portion of the roadway according to the roadway assignment.

 

簡単に要約すると、自動運転車に関する発明であって、

自動運転車が、自車に関する環境情報を検出し、

車線の使用要求を生成して、この要求を車線運営システムに送信し、

この車線運営システムから車線割り当てを受信するというものです。

この特許も、アマゾンのワンクリック特許同様に革新的な特許で、権利範囲は割と広いです。

しかし、こちらの特許は回避方法があります。

具体的には、環境情報、および車線割り当てには、必ず含まれていなかればいけない情報が

複数記載されており、これらの情報の一つでも含まれないように自動運転車(及び車線運営システム)を設計すれば、この特許を回避することができます。

もちろん、米アマゾンは、分割出願をして、環境情報及び車線割り当てに含まれる情報を少なくした更に広い特許権の取得を目指すでしょうから、業界の関係者は今後も動向の監視が必要だと思います。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です