米アマゾン「自動運転車のための車線割り当て」特許を取得!

米Forbesによれば、2018年1月17日、米アマゾンが、自動運転車の道路走行を支援するシステムに関する特許を取得した。

取得した特許の件名は「Lane assignments for autonomous vehicles(自動運転車のための車線割り当て)」で、

自律走行車に対して、自動で走行する車線を割り当てる特許である。

米国特許番号は「9,547,986」。

幹線道路などには、時間帯によって交通量の多い側の車線を増やす「リバーシブルレーン(可逆車線)」がある。

Amazonの特許では、自動運転車がこうした車線を安全に走行するための仕組みを提案している。

自動運転車がリバーシブルレーンのある道路に近づくと、集中型の道路管理システムが車両と通信し、適切な車線を走行するよう指示を出す。

システムはこうした通信を複数の車両との間で同時に行い、広範囲にわたり各車両の動きを調整するという。

 

米アマゾンは、ワンクリック特許といい、時代の先を見据えて有用な特許を取得するのがうまいですね。

日本の企業も、見習う必要があると思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です