特許取得に必要なもの~その2「進歩性」~

特許を取得するには、発明に新規性があるだけでなく進歩性がある必要があります。

 

進歩性があるということは、簡単にいえば、簡単に発想できないということです。この進歩性は、出願時を基準に判断されます。ですので、今、現在、発想するのが簡単だと思われる発明というものがよくあります。ですが、そのような発明でも、出願時には発想するのが難しければ、進歩性があるということになります。

 

特許出願について特許を付与するか否かを審査する審査官も、審査するときは、出願時よりも後の時点ですので、出願時に立ち返ったことを想定して、出願時に進歩性があったかどうか、すなわち出願時に簡単に発想できなかったものであるかどうか判断することになります。

 

それでは、進歩性は、どんな人の目線で判断されるのでしょうか?それは、その発明の技術分野において、出願時における全ての知識を有する者です。このように仮想的な人物であり、出願時におけるその分野の技術水準にある技術を全て知っている人になります。

 

進歩性は、例えば、以下の場合に否定されます。

発明P=A+Bであるとします。

ここで、出願時より前に公開された文献XにはAが記載されていたとします。

  • Bが課題解決のための微差に過ぎない場合には、文献Xから進歩性がないとみなされます。

 

更に、出願時より前に公開された文献YにBが記載されていたとします。

  • Bが課題解決のための微差でなかったとしても、文献Xと文献Yとを組み合わせる動機付けがある場合には、進歩性が否定されます。

 

このとき、動機付けは、文献XとYの間の、技術分野の共通性、課題の共通性、作用・機能の共通性、文献XにAに対してBを適用する示唆、または文献Bに対してAを適用する示唆がある場合などです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です