レーターステージにおいてIPOを達成するための知財リスクの管理の重要性

IPO(株式公開)をする上では、特許、商標、著作権などの訴訟で訴えられている場合には、IPOの審査に通りません。

 

このため、IPOを達成するには、特許権などの知的財産権で訴えられないように他社の知的財産権(特に特許権)を侵害しないように回避しておく必要があります。

 

このため、このステージでは、自社の製品・サービスが、他社の特許権、意匠権、商標権の侵害していないかどうかの調査(クリアランス調査)を実施する必要があります。そして、クリアランス調査の結果、仮に他社の特許権、意匠権、または商標権を侵害している場合には、他社の権利を侵害しないようにする回避策を講じる必要があります。

 

また、新たな製品リリース時には、毎回、他社の特許権、意匠権、商標権の侵害有無の調査(クリアランス調査)をすることが好ましく、仮に侵害の可能性が高い場合、製品リリース前に回避策を講じる必要があります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です