MENU

オプジーボ特許を巡る訴訟で小野薬品が米メルクと和解

小野薬品工業は21日、がん治療薬「オプジーボ」に絡む特許を侵害されたとして、国内外で提訴していた米製薬大手メルクと和解したと発表しました。

https://www.ono.co.jp/jpnw/PDF/n17_0121.pdf

小野薬品工業などが持つ特許の有効性を確認し、ライセンス契約を結ぶ。小野とブリストル・マイヤーズ スクイブ社(米国、以下、BMS 社)はメルクから頭金6億2500万ドル(約715億円)を受け取り、メルクが販売する新薬「キイトルーダ」の売り上げに応じたライセンス料として、2017 年 1 月 1 日から 2023 年 12 月 31 日まではキイトルーダの全世界売上の 6.5%、2024 年 1 月 1 日から 2026 年 12 月 31 日までは 2.5%をロイヤルティとして支払うことで合意に至りました。なお、頭金お よびロイヤルティは小野薬品に 25%、BMS 社に 75%の割合で分配されます。

小野側の実質勝訴といえる内容です。

下記サイトによれば、以下のように、メルクの新薬「キイトルーダ」の売り上げを予想しています。

http://www.fiercepharma.com/marketing/merck-s-keytruda-wins-a-double-header-new-fda-approval-head-and-neck-cancer

“The firm raised its Keytruda sales estimates by more than $500 million in 2018 and almost $1 billion in 2021, bringing them to $3.7 billion and $7.2 billion.”

2018年に5億ドル(約500億円)以上、2021年に10億ドル以上とのことです。

これによれば、

小野は、2017年に頭金として、約180億

2018年~2020年にライセンス料、約8億円以上

2021年にライセンス料、約16億円以上

が得る予定です。

小野の17年3月期純利益の予想は、昨年の12月に558億円から418億円に大きく下方修正されたが、418+180億円で、598億円と下方修正される前の利益よりも上昇する。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です