MENU

アマゾンの「ワンクリック特許」は、2810億円の価値?

Forbesの記事(英文原文サイト日本語訳サイト)によれば、アマゾンの「ワンクリック特許」が2017年に特許切れするとのことです。

”アマゾンが持つ「1-Click注文」の特許は、同社に長年多額の収入をもたらしてきた。しかし、その特許が2017年に期限切れをむかえ、多くの通販サイトが同様の機能を取り入れると見られている。

アマゾンがこの特許を申請したのは1997年で、1999年には特許が認められた。「1-Click注文」はあらかじめ支払い情報と住所を登録することで、ボタンをクリックするだけでショッピングカートの画面を経ずに注文できる機能だ。注文完了までのステップ数が少ないため、時間を節約し“煩わしさのない(frictionless)”買い物を実現した。

この機能はアマゾンに24億ドル(約2,810億円)をもたらしているとの試算もある。注文時間を短縮するだけでもメリットがあるが、競合にないサービスを提供することが大きなアドバンテージとなっている。

つまり、アマゾンは、この「1-Click注文」の機能を特許権で守ることによって、競合他社に使えないようにして、利便性の観点から競合優位性を確保し、この特許権は、アマゾンに24億ドル(約2,810億円)をもたらしているともいえる。

アマゾンがこの特許を米国で出願したのは1997年で、1999年には米国で特許が認められているので(米国特許 5960411号)、米国では18年間は、この機能を独占している。
この独占は特許権が可能にしていることから、一つの特許権が、24億ドル(約2,810億円)の価値を生んだということである。

(24億ドル(約2,810億円)という出所は、

http://rejoiner.com/resources/amazon-1clickpatent/

である)

このような今となっては当たり前の機能であっても、当時としては画期的なものであり、このような画期的なビジネスモデルは、米国でも日本でも特許権を取得することができる。

なお、espacenetによれば、日本では特許がとられていないようである。

また、下記のように、欧州特許庁(EPO)によればアマゾンの欧州では特許権がとれていない。

ヨーロッパはビジネスモデル特許で特許を取るのが少し難しいので、新しいビジネスモデルでのITスタートアップの特許/ビジネスの主戦場は、米国と日本である。

日本のIT系のスタートアップの起業家は特許権についてあまり関心がないかもしれないが、アマゾンのように世界で戦えるメガベンチャーになるには、新しいビジネスモデルに基づくビジネスモデル特許権の取得が必要である!!!

日本で、IT系の世界で戦えるメガベンチャーが育たないのは、結局は、米国のサービスの二番煎じ的なITスタートアップが多いからではないだろうか?

日本のIT系のスタートアップが米国で旋風を巻き起こす様子を見てみたいと心から切望しているし、そのような明るい未来が早く来ることを願っている。そのときに、私も少しお手伝いをさせていただければ光栄である。

新たなビジネスモデルを守る特許をとれるように全力でサポートさせていただく所存であるので、我こそは、世界で戦えるビジネスモデルを持つという野心的な起業家の方は、ぜひ当方まで相談してほしい。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です